« FCバルセロナのソシオ | トップページ | あけましておめでとうございます »

大分トリニータの再建

大分トリニータがJリーグからの追加融資

2億5000万円を見送られた。

新社長の選出と2010年度の予算で費用を

9億円にすること(現在の計画は12億円)が

追加融資の条件と言われたのに、

前回提出した計画から条件部分を変えずに

つまり条件に満たない状態で計画をJに再提出したようだ。

結果として追加融資は受けられず

貴重なはずのここ数日間は

時間の無駄となった。

費用削減をしなかった理由、

社長代行「複数年契約をしている選手がおり

費用を削ることができない」

しかし全費用のうち、選手人件費の占める割合は

そこまで高くないはずなので、このコメントは的を得ていない。

ちなみに社長代行は公務員(たぶん出向?)だ。

県知事がJに直接お願いすれば

「しょうがないですね」とかいって

何とかなると思っていたのだろうか。

これまで何度か経験したことがあるが

公務員のこの感覚は正直怖い。

官民一体となって、大分トリニータを支援する体制を

短期間で作り上げたのはさすが県庁の仕事だ。

長崎にもV・ファーレン長崎や長崎セインツの支援で

こんなことができればいいなと思う。

(ハウステンボス支援では遅ればせながら

そんな動きになっているが)

銀行の経営危機は「大きすぎてつぶせない」というのがある。

大分トリニータやハウステンボスは

「県民にとって大事すぎてつぶせない」

ということだろう。

このポジションまで来るのがとても難しいことなので

両者(両社)は本当にがんばったということだ。

ハードはできた。

あとは本当にトリニータを支える気持ち(ハート)が

民間企業と県民にどれだけあるか、だろう。

つまりソフトの充実である。

ここは公務員が不得意な部分だ。

まずは大分財界で「社長やります」という

心意気のある人が誰かということが先決だが。

社長が決まったあとは

事業再生のプロの仕事(ターンアラウンドマネージャー)

が必要な時だと思う。

新社長がそれを出来れば良い。

しかしもし出来なければ(つまり財界人でありがちな本職との

兼務で社長をやるような場合、大分トリニータに割く時間が

足りなくなるはずだ)、

Jから大分フロント入りした人がそれをやるか、

新たに人を雇う必要がある。

|

« FCバルセロナのソシオ | トップページ | あけましておめでとうございます »

経営のこと」カテゴリの記事

コメント

セインツの社長職を、

途中で投げ出したキミに、

どうこう言う資格は、無い

投稿: 野球小僧 | 2010年1月21日 (木) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分トリニータの再建:

« FCバルセロナのソシオ | トップページ | あけましておめでとうございます »