« 菊池君 | トップページ | 驚き »

後継者リスク

2002年にスウェーデン・ストックホルム商科大学の

ビジネススクールに留学していたときのこと。

あらゆる授業での話や、

世界中から集まってきていた学友たちと議論していく中で、

これからの経営のポイントは3つに絞られると感じた。

1)地球環境

2)永続性

3)地域貢献(よき企業市民、という言い方がある)

その中で「地域貢献」については、

これまでスポーツ関連の仕事をしてきた中で

日々考える事だった。

もちろん自社についても、

そしてスポンサー営業をするときにも。

さて、今日の話題は「永続性」である。

私は社長の重要な仕事の一つが「後継者育成」だと思う。

今の業績がよくても社長が替わって悪くなれば

あんまりそれはよくないと思うからだ。

当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったアメリカの「エンロン」が

不正会計をして倒産したことから

この「サステイナビリティ」という考え方が声高に

さけばれるようになったが、そういう悪いことを

しなくても単純に後継者がよくないと企業は傾く。

同じ頃、日本に来ていたGEのジャック・ウェルチに

ビジネススクールの数人のグループでプレゼンをする機会があった。

一人の学友はジャックが来る前と来てからの株価の推移をみせ

「あなたの価値はこれくらい」とやった。

はるばる日本に来てくれたジャックに良い思いをしてもらうと同時に

GEの「後継者リスク」についてもほのめかしたのだ。

その後、ジェフリー・イメルトという素晴らしい後継者を指名し

GEは今も元気である。

さて、私が気になる「後継者リスク」のある日本企業。

ユニクロ、スズキ、日本電産・・・

きっと株式市場は「後継者リスク」を意識しているに違いない。

今思いつくのはこれくらいだがきっとまだあるだろう。

先日書いた伊勢丹も上の会社ほどではないが、近いと思う。

一般的に社長が優秀すぎると社内で「もの言う人」が少なくなる。

いつの間にか指示待ち人間ばかりになる。

そして会社は崩壊していく。

独裁と強烈なリーダーシップは紙一重。

ベンチャー企業で成功した社長もこの罠に陥りやすい。

ベンチャーで言えば、例えば楽天は後継者はいるのだろうか。

楽天のニュースには三木谷さんの名前しか出てこない。

これは危険な兆候だ。

いらぬ心配だが、永遠の課題である。

一方、ワタミの渡辺さんは早めに社長を退き

会長になった。こちらはすばらしく賢明であると思う。

|

« 菊池君 | トップページ | 驚き »

経営のこと」カテゴリの記事

コメント

違うよ。
社長が優秀過ぎると、周りが『モノを言わなくなる』
んじゃなくて、

優秀過ぎる→傲慢になる→
周りをイェスマンで固める。
結果、裸の王様状態。

まさに、今の誰かさんだよ(笑)

投稿: 野球小僧 | 2010年1月27日 (水) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後継者リスク:

« 菊池君 | トップページ | 驚き »